Categories
Search

アパートとマンションの違いで物件を選ぶ必要はない

7月 4th, 2014

賃貸物件を選ぶときにマンションにするべきかアパートにするべきか迷う人もいるようです。アパートとマンションでは何となくマンションの方が高い、お金のある人が好むのがマンションなんてイメージを持たれているようです。実際は作りの違いがあるだけで同じ築年数、条件の下だとマンションの方が少し家賃が高い程度です。アパートとマンションの違いで迷う必要はありません。

アパートかマンションかよりも、利便性や立地条件の方が大事です。家賃の多くは利便性などできまりますので、駅から近いアパートのほうが駅から遠いマンションよりも高くなることもあります。またマンションは木造では作られていないためアパートに比べると強度が高く災害にも強いといった特徴があります。生活の安全面を考えてみるとマンションのほうがお勧めです。

賃貸物件としてのアパートとマンションの違いは家賃の違い以上に作りや条件の違いによることが大きいのです。環境に適した物件がより家賃の高い物件になるためアパートとかマンションの違いを意識する必要はありません。実際に賃貸物件を見たうえで決めることが前提になりますが、あまりアパートだからとかマンションだからといったことを気にする必要はないのです。

マンションとアパートの違いは気にしない

6月 29th, 2014

賃貸にはアパートとマンションがあります。マンションのほうが建物がいいものなんて漠然と思っているかもしれません。基本的にマンションのほうがアパートよりもつくりが丈夫で安全に暮らせる作りになっています。その分家賃も高くなる傾向があるため、マンションに住む人のほうがお金を持っているなんてイメージがあります。家賃に関しては立地条件などによる変化のほうが大きく、似たような条件でもアパートのほうがマンションよりも家賃が高いといったケースは珍しくありません。

賃貸契約をするときに家賃を安くしたいからアパートがいいという決め方はしなくてもいいのです。アパートよりも安いマンションがあるなら、安全に暮らしていけることができる分マンションのほうがお得です。アパートとマンションを選ぶときに先入観は必要ないのです。

マンションとアパートの明確な区別は実はありません。一応鉄筋鉄骨がマンション、軽量鉄骨や木造などがアパートと言われていますが、不動産によっては明らかにアパートなのにマンションと呼んでいることもあります。それくらい曖昧な違いですのでアパートとマンションということだけで悩む必要は全くありませんよ。間取りや家賃、条件などで普通に決めてみてください。